職務経歴書はフォーマットを使って書けば楽ちん!|Good Career

職務経歴書を書こう

転職の際に必要になるのが職務経歴書ですが「どうやって書いたらいいか分からない」と悩んでいませんか?そんな時にはフォーマットを利用して書くのがおすすめです。フォーマットを使って書くことのメリットについて簡単にまとめています。

職務経歴書の書きやすい形式ランキング!

no.1

編年体形式

時系列を元に経歴を記載していく形式です。最も書きやすい形式と言えます。また、特に同じ分野でずっと勤務してきた人にとってはシンプルに継続してきたことがアピールできるのでおすすめです。

no.2

キャリア形式

業務ごとに項目にして記載する形式です。特にアピールしたい経験がある人にはおすすめです。誰でも書きやすいわけではありませんが、転職回数がある人も得意な分野についてを目立たせることができます。

no.3

自由形式

編年体形式とキャリア形式を混ぜた記載方法です。自分がアピールしたいことがはっきりしていて、かつ見やすい記載を心がけないといけませんので難易度は高めです。

ネットを利用して探す

JOB

転職をする際に、良く履歴書を郵送や持参と書いてあります。転職を成功させるには、履歴書をキチンと書き自身をアピールするのも大切な事でしょう。さらに、自分自身をアピールするのであれば、職務経歴書を同封するのが一番です。郵送で送られて、さらに人選選考となれば職務経歴書も多いに参考になります。経歴から今の会社にとって仕事を迅速に対応してもらえるか、年齢が若ければ順応性も問われます。また、経歴があれば採用させる確率も上がる事でしょう。履歴書を購入すれば、必然と入っています。手書きで出すのも良いですが、今の時代はインターネットです。職務経歴書や履歴書を書くのであれば、インターネットからフォーマットをダウンロードすれば、より多くの企業へ面接をする事が可能です。その基準ですが、自分で書きやすいとおもった物をダウンロードしましょう。検索をかければ比較もできます。

多く書かず適度に書くこと

女性

履歴書や職務経歴書を提出される方で、よく手書きでありがちなのがちまちまと書きこんでいる事です。しかも、読みにくい文字では雇用を求めている企業も絶句してしまいます。ゆえに、パソコンで作成する事で綺麗な書類となり相手側も読みやすくなります。ネットでフォーマットをダウンロードするのであれば、多く書かずに適度に書けるものを選びましょう。多く書けば良いというわけでなく、なるべく割愛しながら書く事も重要です。だからこそ、ネットからダウンロードしたフォーマットは適度な書き方をせざるを得ないので良いと考えます。

全てを美しく割愛できる

面接

インターネットでダウンロードした職務経歴書のフォーマットは、パソコン入力もあり読みやすく綺麗で美しい書類となります。ただし、既存のフォーマットをプラスして行数を増やしてアピールをだらだらと書きこむことは良くありません。適度に割愛して記入することが、相手側にも伝えやすいわけです。書くポイントとしては読む側を考えて作成する事をしてください。そうすれば、相手側も求人募集できた人なりをわかってきます。昔は手書きで文字を見ましたが、今はパソコン文字でも書き方によって決めていきます。

広告募集中